ホーム > 西海協の特徴 > 受入れの流れ

受入れの流れ

経験豊富なスタッフがサポートする実習生受け入れの申し込みから帰国までの流れ
実習生受け入れの申し込みから帰国までの流れを入国前、入国後でご説明致します。
  • 入国前までの流れ
  • 入国後の流れ

入国前

入国前
  • 制度説明・申込 西海協受入企業

    受入希望企業の都合に合わせて、組合職員がご訪問し、 実習制度説明や受け入れ可能かどうかについてヒアリングを行います。
    また、実習生と結ぶ雇用契約書を作成します。
7ヶ月前
  • 実習生募集・現地面接 送出機関 実習生 西海協 受入企業

    受け入れを希望する実習生の募集条件や募集地域を決定し、 送出機関に通知します。送出機関で候補者を募集後、現地面接を実施し、 実習生を選抜します。選抜された実習生と雇用契約を結びます。
6ヶ月前~
  • 実習生現地教育開始 送出機関 実習生 西海協

    選抜後から日本入国までの期間、 選抜された実習生は現地で事前教育を受けます。
4ヶ月前~
  • 申請書類提出在留資格認定証明書発給 送出機関 実習生 西海協

    在留資格認定証明書交付申請書を作成します。
    同申請書は、所管の入国管理局に提出され、審査後「在留資格認定証明書」が発行されます。
1ヶ月前~
  • ビザ発給・入国 実習生 西海協 受入企業

    在留資格認定証明書を送出機関へ郵送し、送出機関が査証(ビザ)取得を日本領事館に申請し、査証が発給されます。査証取得後、出国手続きを行い出国します。

入国後

入国
  • 講習開始 送出機関 実習生 西海協 受入企業

    入国の際、入管より在留資格「技能実習1号ロ」が発給されます。
    入国当日から講習施設で約1か月(総実習時間の12分の1の時間)
    日本語、日本文化・道徳、法律などを中心とした講習を行います。
1ヶ月
  • 企業配属・実習開始 実習生 西海協 受入企業

    講習場所から受入企業へ配属します。
    配属後から雇用契約に基づき、受入企業での実習が始まります。
    配属時、組合職員が数日間同行し、実習生導入の支援を行います。
2ヶ月
  • 技能移行申請手続 実習生 西海協 受入企業

    在留資格「技能実習1号ロ」から「技能実習2号ロ」への移行申請を行います。
9ヶ月
  • 技能検定試験受験 実習生 西海協 受入企業

    2年目に移行する予定の実習生は、技能移行時期の2~3ヶ月前に技能試験を受験します。1年のみの実習生には帰国説明会を実施します。
11ヶ月
  • 技能検定試験受験 実習生 西海協 受入企業

    入国管理局がこの在留資格申請およびJITCOによる技能移行評価結果などを総合的に審査し、技能実習生への在留資格変更が許可されます。

入国後2年目

12ヶ月
  • 技能実習2号開始 実習生 西海協 受入企業

    「技能実習2号ロ」の在留資格で2年目の実習を開始します。
13ヶ月
  • JITCOによる巡回指導 実習生 西海協 受入企業

    申請通り適切に実施されているかのJITCOの受入企業巡回指導が実施されます。
20ヶ月
  • 在留期間更新 実習生 西海協 受入企業

    技能実習2年目の修了前に3年目のための期間延長申請をします。JITCOの指導として、技能試験上位級の受験が推奨されています。(受験は任意)

入国後3年目

24ヶ月
  • 技能実習2号2年目 実習生 西海協 受入企業

    期間延長が許可されて「技能実習2号ロ」での2年目が始まります。
    JITCOの指導として、実習生の技能試験のさらに上位級の受験が推奨されています(受験は任意)。
33ヶ月
  • 帰国準備 送出機関 実習生 西海協 受入企業

    帰国に際しての書類準備、各種精算の準備のための指導・調整を行います。帰国前にはJITCOより実習の修了証書が発行されます。
    帰国後入管に対して帰国報告書を提出します。
36ヶ月
西海協の特徴
  • 西海協の特徴
  • 受入れの流れ
  • サポート体制
  • 組合概要
  • 西海協
  • 実習生の声
  • 受入企業様
  • かわらばん
  • 西海協.com