ホーム > よくある質問

よくある質問

外国人実習生受け入れ事業の不安や疑問を解消します。
日頃のサポート活動時に組合の皆様からお伺いした疑問・質問を分かりやすくお答え致します。
西海協では、お客様のご質問お悩みに対して、専門のスタッフ及び経験豊富なスタッフが皆様のお悩みを解決致します。
ここではよくある質問の一例をお答えいたします。

外国人技能実習制度に関するご質問
技能実習生受入に関するご質問
費用、納期等に関するご質問
その他のご質問

 |  1 |  2 |  3 | 

Q1) どんな企業でも技能実習生の受け入れはできますか?
受入に当たり受入企業様に関していくつか制約があります。
 ・実習内容が単純作業のみでなく、技術移転と認められる職種であること
 ・実習職種に係る実務経験5年以上の指導員がいること
 ・経営状態が安定していること
 ・入国管理局から不正行為認定による受入停止期間中でないこと
 ・(当組合での受入の場合)組合会員であること
まずは、上記のような要件を満たしていなければなりません。
この他、入管法で定められた細かい受入要件がありますので、受入要件をご参照いただくか、当組合までご相談ください。
Q2) 在留資格「技能実習1号」と「技能実習2号」の違いはなんですか?
「技能実習1号」(1年目)とは、入国初年度に付与される在留資格で、技能の修習を行うための資格です。最長で1年間となります。「技能実習2号」(2年目、3年目)とは、技能実習1号期間中に修得した技術を習熟させる期間に付与される在留資格で、職業能力開発協会またはJITCO認定機関が実施する技能検定に合格し、JITCOが行う技能移行評価で認められなければなりません。入国から起算して3年を期限に1年毎に期間更新申請を行います。当組合では、技能検定試験受験申請手続きや技能実習2号への資格変更関係書類の作成などを行っております。なお、実習生の職種・作業がJITCO技能実習2号移行対象職種に当てはまらない場合は「技能実習2号」への資格変更は認められないため、1年間のみで実習を終えることとなります。
Q3) 技能実習2年目と3年目で違いがありますか?
技能実習3年目は2年目よりも更に高い技能を身につけることが必要です。技能実習2号計画策定のうえで、2年目は技能検定基礎1級(または中級)相当、3年目は技能検定随時3級(または専門級)相当のレベルで作成しなければなりません。技能実習2号実施計画書の策定も当組合がお手伝いいたします。
Q4) 技能検定試験の内容はどのようなものですか?
各県職業能力開発協会や日本溶接協会などが実施する公的試験です。実技試験と筆記試験の2種類に分かれています。「技能実習2号」への移行を希望する実習生は必ず“基礎2級”(または初級)を受験し合格する必要があります。
Q5) 技能試験に不合格だとどうなりますか?
技能試験に不合格の場合、実技・筆記とも1回だけ再試験を受けることができます。再試験でも不合格の場合は、「技能実習2号」へ移行できず、1年実習のみで帰国することになりますが、必ず合格となるよう当組合もサポートいたします。

 |  1 |  2 |  3 | 

よくある質問
  • 入国までの流れ
  • 入国後の流れ
  • 実習生の声
  • 受入企業様
  • かわらばん
  • 西海協.com